TOPページ

 

おしらせ

写真をクリックすると、拡大表示されます

2016年12月9日
『わく・わくショップU 障がい者週間特別販売会』を開催いたします。
宇都宮市役所1階 市民ホール 南玄関付近において
参加障がい者支援施設22施設の、お弁当、パンやクッキー、季節の野菜、手作り小物等を販売いたします。
販売時間は、10:00から15:00まで、なくなり次第販売終了となります。
皆様のご来場を、こころよりお待ちしています。
特別販売会写真

2016年10月8日
宇障連 地域交流事業『ノーマライゼーションフェスティバル8th』
障害者スポーツの魅力とは~スポーツが与える夢と勇気~をメインテーマとして、とちぎ福祉プラザ・わかくさアリーナで開催しました。 午前の部は、「障害者スポーツの魅力」をテーマにしたパネルディスカッションを行いました。 パネラーは、増渕倫巳氏(車椅子バスケットボールのロンドンパラリンピック日本代表)、駒﨑 茂氏(ボートのリオパラリンピック日本代表)、 加藤範義氏(グランドソフトボール全国大会出場)、喜井 寛氏(クロスカントリースキーのジャパンパラ競技大会出場)の4氏。 コーディネーターは、栃木県障害者スポーツ協会の小金沢 茂氏が務めました。 今夏に開催されたリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの興奮が記憶に残っていることもあり、 多くの参加者が、各パネラーからの競技のルールや魅力の解説を興味深い眼差しで聴いていました。
ノーマライゼーションフェスティバル8th写真
午後の部は、初めに、わかくさアリーナで栃木レイカーズの選手による車椅子バスケットボールのデモンストレーションが行われました。 選手の車椅子が「ガチャン、ガチャン」とぶつかったり、転倒したりする迫力あるプレーに、見学者から、 大きな拍手と歓声が起きていました。
ノーマライゼーションフェスティバル8th写真
続いて、障害者スポーツの体験が行われ、「車椅子バスケットボール」「コントロールアタック」「ボッチヤ」に、 親子連れなど多くの方が参加し、各競技を楽しんでいました。
ノーマライゼーションフェスティバル8th写真 ノーマライゼーションフェスティバル8th写真 ノーマライゼーションフェスティバル8th写真
その他として、施設等製品の販売や盲導犬のパネル展 示なども行い、約200人の方 にご来場いただきました。参加者の皆様、運営にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
2016年10月8日
宇都宮市制120周年・市町合併10周年記念事業
第8回『ノーマライゼーション フェスティバル』
とちぎ福祉プラザ・わかくさアリーナにおいて、
「スポーツの魅力とは」をテーマとしたパネルディスカッションや障害者スポーツの体験などを行います。
ぜひ、ご参加ください。
→パンフレットはこちら [PDFファイル]
9月7日~18日
『パラリンピック日本代表・駒崎茂選手』を応援しましょう
宇障連会員の駒崎茂さんが、日本代表として、ローイング(ボート競技)のダブルスカル(男女混合)に出場します。
駒崎さんは、一昨年のアジア・パラリンピック(韓国・インチョン)で、銀メダルを獲得しています。
皆で応援しましょう。
~リオ2016パラリンピック基本情報~
・開催期間:2016年9月7日〜18日
・参加国数:178カ国
・参加人数:4,350人
・競技種目:23種目(新種目:カヌー、トライアスロン)
駒崎茂選手写真
2016年7月8日
『LRT出前講座』が開催されました
7月8日(金)午前10時から、市総合福祉センタ―で、宇障連会員約40人が出席し、「LRT出前講座」が開催されました。
宇都宮市建設部LRT整備室の担当者から、宇都宮市が目指す公共交通ネットワークや
LRTの整備状況について説明を受けたあと、活発な質疑応答も行われ、有意義な講座となりました。
LRT出前講座写真
2016年6月11日
『わく・わくマルシェ in オリオン』が開催されました
好天に恵まれた6月11日(土)、オリオン通り商店街振興組合主催の
「わく・わくマルシェ in オリオン」が、シンボルロードから東武百貨店前までの区間で初めて開催されました。
 当日は、市内の15障害者支援施設が出展し、手作りパンやクッキー、野菜、キャンドル、
小物類などを販売したり、施設をPRしたりしました。
 今回参加したTOMOS company利用者の磯飛健太さんは、
「たくさんの人が集まるイベントに参加できて光栄です」と話してくれました。
多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。
わくわくマルシェinオリオン写真 わくわくマルシェinオリオン写真 わくわくマルシェinオリオン写真
2016年6月11日
『わく・わくマルシェ in オリオン』
オリオン通り商店街(シンボルロード~東武百貨店前)において、
市内の15障害者支援施設で作られた製品を販売・PRする
イベント「わく・わくマルシェ in オリオン」が開催されます。
ぜひ、お出掛けください。
わくわくマルシェパンフレット
→パンフレットはこちら [PDFファイル]
2016年4月1日
『障害者差別解消法・条例施行記念パレード』
障害者差別解消法と県障害者差別解消推進条例が施行された4月1日、 これを記念して、法律・条例の周知・啓発を目的としたパレード が行われました。県内から集った約400人の参加者は、県庁で出発 式典を行ったあと、宇都宮城址公園までの約1.5キロをパレードしました。
パレード写真
宇障連からは、麦倉会長をはじめ役員・会員など総勢約40人が参加し、 メッセージボードやうちわを掲げて行進し、障害者差別の解消や共生社会の実現を訴えました。
パレード写真

2016年1月16日
宇障連 地域交流事業『ノーマライゼーションフェスティバル7th』
バリアフリーの社会をめざして~障害者差別解消法に向けて~を開催しました。
→パンフレットはこちら [PDFファイル]
午前の部は、「特定非営利法人とちぎ障害者労働自立センターゆめ」事務局長で「高根沢町障害児者生活支援センター すまいる」 センター長の笹崎明久氏による「バリアフリーの社会をめざして」 と題しての講演会を行いました。内容が、関心の高い「障害者差別解消法」であったことや、分かりやすい説明だったことから好評で した。特に、笹崎氏の「差別解消法における合理的配慮は、当事者 自らが発信していかないと変わらない」という言葉に、多くの参加者が感銘を受けていました。
ノーマライゼーションフェスティバル7th写真 ノーマライゼーションフェスティバル7th写真
  午後の部は、宇都宮ケーナ愛好会、コカリナグループ「もりの音」、 聴障太鼓「響」の皆さんによる「みんなで楽しむ音楽会」が開催さ れました。参加者の中には、その素晴らしい演奏に口ずさむ方もお り、「同じ障害のある仲間の演奏は勇気づけられた」、「演奏者の皆さ んに元気をもらった」などの声をいただきました。
ノーマライゼーションフェスティバル7th写真 ノーマライゼーションフェスティバル7th写真 ノーマライゼーションフェスティバル7th写真
その他として、施設等製品の販売や製作体験、盲導犬のパネル展 示なども行い、約200人の方にご来場いただきました。参加者の 皆様、運営にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。